船越義珍

船越義珍


武道家&格闘家@豆々小事典

【格闘技@豆々小事典について】
格闘技@豆々小事典では、武道と格闘技(柔道・柔術・空手・キックボクシング・総合格闘技・etc)に関する用語説明と
武道家&格闘家の紹介を簡潔にまとめました。
是非、お役立て下さい!
スポンサードリンク
格闘技@ライフスタイル-TOP>>武道家&格闘家@豆々小事典-TOP>>船越義珍 武道&格闘技用語@豆々小事典-TOP>>

船越義珍(空手家)
1868年11月10日〜1957年4月26日
出身地:沖縄県那覇市
ジャンル:空手家


近代空手の祖と言われ、それまでの唐手という表記を空手にあらためたのは昭和10年のころである。 昭和11年(1922年)本土に渡り、体育博覧会で唐手を紹介した後、小石川・目白・本郷に道場を開設し空手の普及に努めた。
1947年に日本空手協会を創設し、最高師範となる。
スポンサードリンク

サイト内検索 powered by Google


Copyright (C) 格闘技@ライフスタイルAll Rights Reserved